玉ねぎの効能がすごい|1日1個食べると血管年齢が若返る

血管年齢を若返らせる野菜。。。
それが玉ねぎなんですよ。

玉ねぎ

玉ねぎの効能というと血液サラサラですよね。
ほとんどの人がそう答えます。
玉ねぎの辛味成分が血液の流れをサラサラにします。

玉ねぎに含まれる成分に
血管年齢を若返らせる効果があることが最新の研究でわかってきました。
動脈硬化の人にとって玉ねぎは救世主となりうる野菜です。

玉ねぎはどれだけの量をたべればいい?

血管年齢を若返らせるために玉ねぎが効果的というのはわかりました
どれだけの量を毎日食べればいいのか気になりますね。

1日に半分から1玉食べると十分です。
できれば1個食べたいですね。
思ったよりも少ない量でよかったと思いませんか?

でも毎日だったら大変かもしれませんね。
その時は週に3回くらい心がけて食べることをお薦めします。

もう一つのポイントが玉ねぎを水にさらさないこと。
ケルセチンという玉ねぎの中に含まれる成分が血管そのものを若返らせる効果があるんです。
このケルセチンは抗酸化力がとても強いポリフェノールの一種、ケルセチンは水に溶けだす性質があるので>水にさらしてしまうとせっかく血管を若返らせる効果がなくなります。

玉ねぎのパワーを実験

血管年齢が気になるという40代男性に協力してもらって、玉ねぎを2週間食べ続けたら血管年齢の数値がどう変化するのかの検証を行いました。

実験内容は玉ねぎを1日1個2週間毎日摂取するということです。
ベーコンと炒めてカレー粉で味をつけるなど、飽きないように工夫して2週間毎日食べてみると。。。

2週間後に検査結果を検証をします。

玉ねぎを毎日食べ続けることで成果がでるのかな?と疑問をもっているお父さん。
血管年齢を測定したら動脈硬化の初期症状だった数値が、2週間後には前回よりもかなり改善。
健康エリア内の数値になっていました。

玉ねぎ食べるだけの簡単血管若返り

会社の健診などで動脈硬化を指摘された人にも朗報ですね。
一日一個の玉ねぎが動脈硬化を改善してくれるんですもの。

玉ねぎを食べ続けることで血管年齢を10歳から20歳若返らせることも夢でありません。
いつまでも血管年齢を若くいることは健康にもつながりますね。
健康でいることは自分はもちろん家族の幸せにもつながります。

スーパーに行ったらいつでも手に入る玉ねぎ。
値段もそんなに高くないし、こんな簡単な方法で血管が若くいられるのなら、ぜひ1日1個の玉ねぎを食事の中に取り入れましょう。
くれぐれも水にさらさないようにして下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする