生活習慣病の予防法|まずは運動不足解消から

安眠

生活習慣病が悪化すると、三大生活習慣病などの死にも関わるような病気になることもあります。
日ごろの生活を見直してみて生活習慣病を防ぐための対策をしていくことです。

スポンサーリンク
adsensu

生活習慣病の予防はストレスなく無理なく行いましょう

無理なくできる生活習慣病の予防法を紹介します。
予防することがストレスとなってしますと逆効果になるので、気軽に始めてみましょう

適度な運動を・・・

適度な運動で体重のコントロールや基礎代謝を高めるようにします。
特に足を使った運動(ウォーキング)が望ましいです

運動する時間が無い人は普段の生活で体を動かす習慣をつけるようにします。

普段エレベーターやエスカレーターを使う人は、階段の上り下りして足を使うようにしたり通勤のとき一駅手前で降りて歩くようにしましょう

食生活を見直し・・・

食事は、カロリーの過剰摂取に気をつけましょう。
塩分や糖分の摂取にも気をつけます。

いきなり肉やご飯を食べるのではなく野菜から摂るようにすると、急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

十分な睡眠と休養を・・・

疲れているときには、無理をせずに休養をとりましょう。

疲労回復にはまず十分な睡眠が必要で、睡眠不足は自律神経のバランスを崩したり免疫力の低下を招いてしまいます。
 
できるだけ就寝時間と起床時間を決めて規則正しい睡眠をとるようにしましょう。

飲酒、喫煙は控えましょう

ビール

適度な飲酒は「百薬の長」といいますが、飲み過ぎはは肝機能の障害、肥満、脳血管障害などを招きます。
アルコールはカロリーも高いものです。
1日の分量として、ビールなら中ジョッキ1杯、日本酒なら1合、ワインならグラス1杯程度に収めましょう。

喫煙は、「百害あって一利なし」。 
いきなり禁煙が難しい時には、少しずつ本数を減らす努力を・・・

ストレス解消を・・・

ストレスを溜め込むと自律神経のバランスが崩れいろいろな病気を招きます
入浴、適度な運動や趣味など自分にあった方法でストレスを解消する方法を探しましょう。 
飲酒などでのストレス解消は×です。

定期検診を受診しよう

定期健診を受けると病気の早期発見につながります。

また、自分健康状態を知っておくこと、何を気をつけておかなければわかるのでぜひ受診してみましょう。