食費を節約するためにやっておきたいこと

食費節約

家族にはおいしい食事を作ってあげたいですよね。
でも食費の節約をすることも
主婦にとっては大切なことなのです。

そんな悩める主婦のために食費の節約について紹介しています

買い物へ行くときは冷蔵庫をチェック

無駄のない買い物をするために買い物に行く前には
冷蔵庫の在庫をチェックします。

空腹時の買い物は避ける

空腹の時に買い物に行って
お菓子など必要以上に買ってしまったという経験はありませんか?

空腹時の買い物
   ↓
目に入るもの全てがおいしそう
   ↓
誘惑に負けて必要ないものまで買ってしまう

ということになってしまうようです。

無駄な買い物は食費の節約には敵なのです。
空腹時にはできるだけ買い物には行かないようにして
やむをえない場合は買い物メモなどを
持っていくようにしましょう。

底値を知って定価で買わない

底値とは・・・商品の最安値のことです。
同じ商品でもお店によって値段も違うし
特売日になるとさらに安くなります。

その中でもこれ以上は安くならないだろうという
値段のことを底値と呼んでいます。

チラシなどを見ていると
だいたいスーパーごとに特徴があるので
(例えばヨーグルトだったら○○スーパーの特売日が安いなど)
底値を把握していれば定価で買うよりもかなり節約できますよ。

底値帳を作って活用すればよいです。

特売品はまとめ買いしてストック

ストックできる特売品は安いときにまとめ買いをしておいて
必要なときに、定価で購入・・・ということがないようにしておきます。

お肉などもまとめ買いして1回に使用する分量に小分けして
調理別に(炒め用、揚げ物用)切って冷凍保存しておけば
解凍してからすぐに調理できます

旬の食材を食卓に並べる

大根、キャベツ、トマト、きゅうりなど
季節を問わずスーパーに並んでる野菜ですが
旬の時期には大量に収穫できるために安く売られています。

旬の野菜は栄養価も高くとてもおいしいので
旬の野菜をどんどん取り入れると食費も節約できます。

  春 ・・・ キャベツ、たけのこ、ふき、
  夏 ・・・ ピーマン、トマト、かぼちゃ、きゅうり、なす
  秋 ・・・ さといも、なす、松茸
  冬 ・・・ 白菜、大根、れんこん、ほうれんそう

食事やおべんとうはできるだけ手作りで・・・

お総菜やインスタント、冷凍食品など
便利・簡単なものを使うほど食費は割高になってしまいます。
できる範囲で手作りを心がけましょう

わざわざお弁当のおかず用に冷凍食品を買わなくても
お肉などは少し多めに買っておいてお弁当作りに利用すると
ボリュームのあるお弁当が作れます。

手間をかけることで、食費はぐ~んと節約できるのですよ。

外食を控える

当たり前と言えば、当たり前なのですが
外食をすると食費はアップしてしまいます。
外食をひかえることも食費節約につながります。

買った食材を無駄にしない

冷蔵庫から、いつ買ったかわからない
使いかけのちくわなどが出てきた経験ありませんか?
スーパーの特売などで、安く買ったはいいものの
賞味期限切れで、結局は捨ててしまったらもったいないですよね。

食材を無駄にしないためにも、食材を買いすぎないことと
料理を作りすぎないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする