水道代の節約の方法|水も大切な資源です

水道代を節約

「水」は人間にとって必要不可欠なものです
蛇口をひねれば当たり前のように出てきますが、これは限りある資源なのです
限りある資源だからこそ大切に使いたいですよね

大切に使うということは自然を守ることと共に水道代の節約にもなっていきます

水道代の節約術|簡単にできる方法

水道代の節約術をいろいろ紹介しておきます。
少しだけ意識して簡単にできる方法ばかりなので、ぜひお試しください。

キッチンで節約

食器を洗う前に油汚れをふき取る

新聞紙や布などで食器についた油汚れをふき取ってから洗うようにしましょう。
油汚れを先にふき取ることで、食器を洗う水が少なくてすみます。

水道の流しっぱなしはしない

野菜や食器は”ため洗い”にします。
ため洗いにすることで流しっぱなしで洗うよりも1/5の水の量ですむようです
 

お米のとぎ汁を再利用する

お米のとぎ汁は、植木などにあげたり洗顔に利用しましょう

お風呂で節約

お湯をためすぎない

浴槽からお湯があふれるくらいお湯をためすぎると、水が無駄に流れてしまうのでお湯のためすぎには注意しましょう

沸かしすぎない

お風呂を沸かしすぎて大量の水でうめなければならなくなったという経験ありませんか
タイマーなどを利用して うっかりを防止しましょう

シャワーに気をつける

シャワーの水はこまめに止め、水勢はほどほどにしましょう。

洗濯で節約

お風呂の残り湯を使う

お風呂用ポンプを使うと簡単に残り湯を洗濯機に入れることができます
ポンプ付きの洗濯機もあります
便利ですよ

すすぎはためすすすぎで

洗濯のすすぎの段階で、ためすすぎを2回する場合と注水すすぎを1回する場合とでは、ためすすぎの方が50リットルほどの水の節約になります

まとめ洗いをする

できるだけまとめ洗いをして洗濯の回数を減らしたほうが水道代の節約になります
でも洗濯物を入れすぎには気をつけて洗濯機の容量の80%を目安にしましょう

洗面台で節約

歯磨きのときはコップを使う

歯磨きのするときに水を出しっぱなしにしてしまいがちですが、コップに水をくんで使うと水道代が節約できます

洗顔もため洗いで

水道を出しっぱなしで洗顔もしがちですが、洗面器などに水をためておいて洗顔すると無駄になりません

その他の水道代の節約

トイレは大小レバーの使い分けをしたり洗車などは、ホースで水をかけずにバケツに水をくんで使うことも水道代の節約になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする