ヨーグルトで腸を元気に|自分にあった菌の見つけ方

毎日体に良いからと食べているヨーグルト。腸の動きをスムーズにして、ダイエット効果を高める食品でもあるので
ダイエッターにとっても心強い見方ですね。

毎日決まったヨーグルトを食べるのもありだけど、違う種類のヨーグルトを食べてみるといろいろな効果を発見できるかもしれません。

スポンサーリンク

ヨーグルトの菌はいいろな種類がある

ヨーグルトは20種類以上の菌があるのです。LG21菌とかカゼイ・シロタ株なんていう菌はテレビのCMでもあってたので、名前だけは聞いたことある人もいるでしょう。

人の腸の中に存在する菌は一人一人微妙にちがっているのです。生活環境も食べ物も違えば生まれ育った環境も違うようにお腹の中の菌も個人差があるんです 
だから数十種類あるヨーグルト菌の中から自分にあった菌を食べなければ、ヨーグルトを食べる意味がなくなるのです

自分に合ったヨーグルトを探す方法

同じ種類のヨーグルトを1日100gを目安に2週間~1ヶ月、食べ続けてみましょう。
食べ物は食べてから48時間経つと体外へ出してしまうので継続して食べることが大切になります。

食べ始めてから2週間ほどでそのヨーグルトが自分に合うか合わないかわかってきます。

その判断のポイントは

  • 便がバナナ状になる ― 排便がスムーズになったり、コロコロ便がバナナ状になる
  • 疲れにくくなる
  • 睡眠がよくなる
  • 肌が潤ってくる — 肌のカサカサが改善される
  •       

    ヨーグルトを食べる

    ヨーグルトを食べだしてからこのような状態になったら、そのヨーグルトはあなたに合うヨーグルトなんです。めでたく自分にぴったりのヨーグルトにめぐりあえたんですね。

    ただし、一つだけ注意点があります。ヨーグルトを食べたときにお腹が急に張り出したりすることがあります。それは腸の環境が変わったからなんです。

    普通だったら3~4日でその症状は治まりますので「おかしい」と思って止めないでください。 

    3日~4日は我慢して食べ続けてください。それでもしばらく続くようだったらそのヨーグルトは合わないということでしょう。
    時間はかけて自分に合うヨーグルトを探すことができれば、元気な腸を取り戻すことができるでしょう